デリヘルに嘘はいらない真実だけが欲しい

デリヘルという風俗に嘘はつきもの、小さいことから大きなことまで、みなさん騙されないようにしましょう

*

時代の本流はデリヘルに変わってきている

男性には、彼女や奥さんがいても、風俗通いが止められないという人は多いはず。そんな多数の男どもが愛して止まない風俗ですが、時代と共に変わってきています。

以前は、店舗型の風俗店しかありませんでしたが、いまでは派遣型とよばれるデリヘル(デリバリーヘルス)が主流になってきました。いろいろな規制があるために、店舗型の風俗店は新規に出店することができません。現存する店舗のみが営業しています。実際に店舗型の風俗店に行ったことがある人ならわかると思いますが、多くが古びた建物で内装なども時代を感じさせるところが多いんじゃないでしょうか。建物の耐用年数を考えると、あと数十年後には、吉原くらいしか残っていないかもしれません。

そこで、登場してきたのが、デリヘルを含む派遣型の風俗店です。店舗を持たないために、開業資金が少なくて済むうえに管轄の警察署に届けをだすだけで営業が始められる手軽さがいいのでしょうか、爆発的に増えているようです。似たような風俗店でホテヘルというものがあります、電話で受付するか、受付をする場所があるかという違いだけですが(モザイクなしの写真が見られる違いもある)、こちらも、新たに受付所を作ることが出来ない為、新規の出店はできません。

派遣型の風俗は、ネットや情報誌でしか宣伝ができません、不特定多数の人がみることが出来るため写真に本人だと判らないようにモザイク処理をされていることがほとんどです。従来の店舗型のお店であれば来店した客にしか見せることはないので、モザイクなしが普通でした。このように、モザイク処理とあわせて加工の技術の進化ということもあり、写真にウソの要素が加わるようになってきたのです。詐欺写真、パネマジという派遣型特有のウソです。悪質店にはきをつけましょう。

今後も時代と共に規制が変わったりして変化は訪れるでしょう、今、主流の派遣型風俗店もどのように変化していくのかわかりません。
価格とプレイ内容でお得感があるお店探しなら成田のデリヘル風俗情報がわかり安いですね。

公開日:
最終更新日:2016/03/01